<カラー表記・記号について>

Red/RD Blue/BU Green/GN Yellow/YE Orange/OR Black/BK Brown/BN

OceanBlue/OBU Purple/PU 多色/RDBU(例:Red & Blue)

 

2枚もの(ブックマッチ)/w  ペン材/p  リールシート材/re  薄板/t  ナイフ/n

その他サイズ/none

 

 

<角材商品について>

*商品画像は完成時の色味を再現さすため、全て水をスプレーした状態・濡れた状態で撮影しています。商品到着時は乾いた状態ですので、画像の色味とは違います。

 

*正確な直角、平面などは出ていません。

 

*個々によって完全に内部まで樹脂・色が浸透していないものもあります。加工中に色が付いていない・浸透していない部分などが露出してきても返品・返金は致しかねますので、何卒ご理解・ご了承ください。

 

*内部の節・虫食い、ヒビ割れなども同様です。木材という天然の素材ゆえ、その性質を十分ご理解のうえご購入ください。

 

*画像と実際の色味には若干の差があるものがあります。表面はノコ刃やペーパーの痕が付いたままの状態です。あくまで部材として販売しているため、ご自身で加工・研磨・仕上げ等をする事を前提にしております。 

 

*商品番号の次に羅列している数字(例:〇〇〇RD *20*20*150)はその商品の概算寸法です(厚み/幅/長さ、の順で記載)。不規則な形のものは一辺の最大寸を記載しています。

 

 

 

 

 

<インレイ用の薄板商品について>*厚み5mm以下のものはこのカテゴリ

*商品画像は完成時の色味を再現さすため、全て水をスプレーした状態・濡れた状態で撮影しています。商品到着時は乾いた状態ですので、画像の色味とは違います。

 

*ひとつの角材から(可能な枚数を)スライス・カットし1.8〜2.5mm厚前後の薄板に加工したものです。

 

*あくまでインレイ用として使えればよい、という考えなので、仕上がり表面はノコ刃やペーパーの痕が残ったままです。反りや、厚みも最薄部分で1.5mmや1.8mm、最厚部分で2.5mm前後など、1枚のなかにもバラつきがあります(下図参照)。

このようになってしまう理由は、カットする際、木材の固さ・内部密度にバラつきがあるため刃がブレてしまう事が多いためです。多少厚みにバラつきがあってもインレイの工程上は問題になりませんので何卒ご理解ご了承ください。

 

*インレイ用の薄板商品の寸法は、商品画像と一緒に写っている定規を目安にしてください。

 

 

 

 

 

 

<StabilizedWood製造において現時点での樹脂・色の浸透率に関して>

下記画像は瘤材(こぶ材)をスタビ処理した物ですが、物によってはこのように中心部まで樹脂が浸透していない事があります。現状では50:50の確率で、杢目によって浸透しやすい・しにくいが分かれるようです。特に瘤材は浸透しにくいです。

いっぽう、「トラ目・トラ杢」など、木材の繊維が比較的真っ直ぐに通っていそうな材や、厚み方向が木口面だったりする場合、8〜9割方ほぼ中心部まで浸透している事が多いです。

インレイ用として使うため"角材"商品をご購入し、ご自身で薄くカットして使われる場合は上記の点をご注意ください。

 

 

 

 

<ひとつの角材を中心でカットして使用する場合の注意点>

 

 

 

 

<StabilizedWood製作可能な最大寸法>

製作可能な最大寸法は50mm×50mm×250mmです。特注サイズをご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい。幅の寸法はこちらで用意している容器の大きさに関係してくるため、ご希望とする寸法をメールにてご相談ください。

サイズが大きくなればなるほど内部への樹脂・色の浸透率は下がります。

通常こちらで用意、ストックしている材の厚みは約45mm前後です。StabilizedWoodを製造するにあたり、完成寸法より約4〜5mm大きく部材をカットするので、現実的には厚み40mm〜43mmが限界とお考えください。